ホーム > 会社概要 > 沿革

1953年 3月 創業者、志方英一が個人創業
日本含油合金と販売契約を結び、同社のオガロイ、日本鉱業の銅粉を販売する。
1953年11月 11月20日に三金株式会社設立。大阪南森町に本社を置く。資本金100万円。
1959年 7月 本社を大阪市西区阿波堀へ移転する。
1963年 8月 早川電機(現シャープ)の電子冷熱装置の販売開始。
1966年10月 三和ニードルベアリングのマイクロシャフト販売を開始。
1968年 8月 日立粉末冶金とニッカロイの取引を開始。
1969年 8月 本社社屋を新築し、阿波座中通(現在の本社)へ移転。
1982年11月 志方省吾が二代目社長に就任。
1986年10月 阪和電子工業の特約店となる。
1996年11月 廣瀬正輝が三代目社長に就任。
2004年 3月 ISO14001取得。
2006年11月 志方寛が四代目社長に就任。
2007年 4月 ISO9001取得。
2013年11月 創立60周年を記念して、新しいロゴタイプを作成。
取扱商品
会社概要
ISOへの取り組み
アクセス